「EV SSL証明書」のご案内

けんしんでは、インターネットバンキングを、より安心・安全な環境で皆さまにご利用いただくため、次世代のSSLサーバ証明書「EV SSL証明書」機能を備えております。

1.「EV SSL証明書」について

SSLは、インターネット上での機密情報の保護のための暗号化機能と、WEBサイトの運用者を認証するための認証機能の2つの機能を持っていますが、サイトの運営者の実在性を認証する基準が認証局によって異なっていることやご利用者さまが容易に確認できる方法がないという問題点がありました。
これらの問題と、SSLを利用したフィッシング詐欺などの対策を実現するために米国のCA/Browser Forum にてソリューションが策定されました。
この規格が、「EV(Extended Validation)SSL証明書」です。
マイクロソフト社製Internet Explorer7などのブラウザソフトでは、EV SSL証明書を利用しているサイトが正しいサイトであることを表示するための機能を有しております。

<「EV SSL証明書」を利用した画面>
・アドレスバーは緑色で表示されます。
・サイトを運営する組織と証明書を発行した認証局が交互に表示されます。

2.対応OSブラウザのご留意事項

「EV SSL証明書」を利用した時に、上記1.の表示機能を有するブラウザソフトは、マイクロソフト社製Internet Explorer7などとなります。
なお、表示機能を有効化するには、お客さまの端末での設定が必要です。
WindowsVISTA、WindowsXPでは、対応方法が異なりますので、それぞれの対応方法については、下記をご覧ください。
なお、表示機能が有効となっていない場合についてもサービスは従来どおりご利用いただけます。

(1)「WindowsVISTA+Internet Explorer7」の場合の設定方法について

「WindowsVISTA+Internet Explorer7」をご利用の場合に前記「EV SSL証明書」の表示機能を有効にするためにはInternet Explorer7にて「自動フィッシング詐欺検出機能」が有効となっている必要があります。当設定はマイクロソフト社の「推奨」設定となります。
設定状況の確認方法は以下の通りです。

①「ツール」→「フィッシング詐欺検出機能」→「自動的なWebサイトの確認を有効にする」をクリックします。

②開いたウィンドウの「自動フィッシング詐欺検出機能を有効にする」を選択し、OKボタンを押下します。

※WindowsVISTA利用の場合でも、OSのインストール時にWindowsXPよりWindowsVISTAにアップグレードした場合は下記(2)の手順が必要となります。

(2)「WindowsXP SP2+Internet Explorer7」の場合の設定方法について

「WindowsXP SP2+Internet Explorer7」をご利用の場合に「EV SSL証明書」の表示機能を有効にするためには以下の対応が必要となります。

1)初回のみの対応

マイクロソフト社Windows update Web サイトにて、EV SSL証明書の表示機能を有効とするためのソフトウェアをインストールしていただく方法となります。

①(Windowsの「スタート」ボタンより)「すべてのプログラム(P)」 → 「Windowsupdate」を選択、もしくはInternet
Explorer7の「ツール(T)」→ 「Windowsupdate」により「Microsoft update」サイトを立ち上げます。

②「カスタム」ボタンを押下します。

③メニューより「追加選択(ソフトウェア)」を選択します。

④表示された更新プログラムから「ルート証明書の更新プログラム」を選択して更新プログラムをインストールします。

2)ブラウザの設定

「WindowsXP+Internet Explorer7」をご利用の場合にもWindowsVISTAの場合と同様に表示機能を有効にするためにはInternet Explorer7にて「自動フィッシング詐欺検出機能」が有効となっている必要があります。
設定状況の確認方法は(1)の通りです。

※対応OSブラウザについての操作方法について、詳しくは「けんしんインターネットバンキングサポートセンター」へお問合せください。

けんしんインターネットバンキングサポートセンター

電話でのご相談

0120-770-783

受付時間/平日 9:00~24:00 土日祝 9:00~17:00
※ただし、1月1日~3日、5月3日~5日、12月31日は除きます。

メールでのお問合せはこちら